夢は見るものではなく叶えるもの

スポンサーリンク

わたしの身の回りで自分の夢の実現に向けて全力疾走している友人がたくさんいます。
ではわたしはどうなのかというと、前に進んでいるのかちょっとわからなくなるときがあります。
モヤモヤ感があり、迷っているのかもしれません。

そんなときに、たまたま書き留めておいた「わたしの夢」と「成し遂げたいミッション」について見直す機会がありました。
手帳だけではなく、ブログにも書き残しておきたいと思い、久しぶりにブログを書きました。

わたしの夢


オカネの問題を見て見ぬふりをしない社会にする。

わたしは小さい頃から

オカネのことを人に話すなんて、いやらしいこと、みっともないことだ

とずっと思ってきました。

たまたま、ひふみ投信で有名なレオスキャピタルワークスのCEOである藤野英人さんの新刊に関するワークショップに参加する機会があり、
率直にオカネに関する思いを伝えました。

そうしたら、藤野さんから、

それは日本全国どこにでもあることで、birdさんだけの問題ではなくて、日本全体の問題なんです。

と言われました。

個人の問題ではなく社会問題だった。


藤野さんの言葉を聞いて、わたしはその当時やっていた仕事をやめる決意をし、
この社会問題を解決できる仕事をしようと転職を決意し、上京することにしました。

藤野さんのワークショップに参加してオカネに関する思いを伝えたことがきっかけで自分の夢が何なのかを気づかせてもらえたのです。
そしてこの社会問題を解決したいとする夢の実現への第一歩となったのです。

次回はミッションについて書いてみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.